名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ピッコリーニのロゴ

じゃ〜ん!ついにできました、ピッコリーニの正式ロゴです。




かわいいですよね〜 
藤原麻希子さんがデザインしてくださいました。
白黒になってもかわいいんです♪ 
今後、ピッコリーニのコンサートやCD(!?)には
このロゴが使われるでしょう。

相変わらず天使の声な子どもたちですが、
練習中はパワー全開でてんやわんやです(^^;)  
学校でおりこうに授業を受けている子どもたちを見ると、
学校の先生って偉大だなぁー・・・・と尊敬を新たに感じています。

このロゴのように、自分の色や形を主張しながら、全体として
すてきなものになるような合唱団になりたいですね。
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

ピッコリーニの動画

昨年夏に行った門下生発表会。
そのときに出演した子ども合唱団ピッコリーニの演奏を、
Youtubeにアップロードしようとしたら、何度も失敗して
しまったんですね(> <)
理由もわからず、今回はアップできないかなー・・・と思って
いたら、どうやら無事アップロードできていたもよう。(^^;)
知らないうちに、200回以上再生されておりました。

かわゆいじまんの子どもたちが、通奏低音の先生方の
暖かい愛に包まれて歌っています。見てね。

まずはアカペラにも挑戦した Dona nobis pacem、そして
リュートの先生といっしょに Edelweiss

http://www.youtube.com/watch?v=RRA8LpMG51I

衣装を変えて、チェンバロの先生といっしょに So long, farewell
・・・・これをチェンバロで素敵に弾いてくださる先生、ほんとすばらしい
ありがとうございました

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=2F4dR-oj-NI&feature=fvwp

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

早春賦

 春は名のみの風の寒さや
 谷のうぐいす歌は思えど
 時にあらずと声もたてず
 時にあらずと声もたてず

私はこの歌が大好きです。
まだ立春には早いけれど、先日ピッコリーニの子どもたちと
一緒に歌いました。
歌詞を見せて、私が一度歌って聞かせてから、みんなで歌いました。
むずかし〜 とか言いながら、2〜3回でほぼ歌えるようになってしまった
のでびっくり!!子どもたちも気に入ってくれたのかな?
歌詞の意味を説明すると、「へ〜ぇ!」と感心する子も。

新しい歌は、学校やテレビでたくさん習ってくるようなので、
ピッコリーニでは普段出会わない、ちょっと古いすてきな曲も
子どもたちに紹介したいなと思っています。

古い日本語が子どもには難しいかな、なんて、子どもを見くびって
いたな〜と思いました!
みんな楽しそうに歌っていました。

「どこかで春が」には
「山の三月 東風(こち)吹いて」という部分がありますが、
最近は現代風に
「山の三月そよ風吹いて」と変えて歌うようですね。
たしかに「こち」と言われると、「山の三月がこっちに吹いて」
と聞こえそうで、意味がわからなるかも・・・

でも、子どものころにそうやって勘違いして、大人になってから
「東風だったのか〜〜!」と合点するのも楽しい経験ではないかしら。
「山の三月 東風吹いて」という、せっかくの美しい言葉のリズムを
崩すまでして変える必要があったのかな・・・と思います。

ちなみに私は、「ふるさと」の冒頭
「うさぎ追いし かの山」を
「うさぎが多く、蚊のいっぱいいる山」だと勘違いしていました。

というわけで、ピッコリーニでは、「東風吹いて」と歌おう、と
心に決めています!もちろん、意味を説明するつもりです。
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(2) | trackbacks(0)

年の瀬

例年の12月は例年ほどの忙しさはなかったのですが、それでも仕事納めを
迎えてほっとしています。演奏会5つと録音1つでした。これくらいなら、
私にも多少の余裕をもってこなせるようです。

23日は杉本ゆりさん率いるLaudesi Tokyo という団体に、われらが
子ども合唱団ピッコリーニも参加させていただきました。
Laudesi のみなさまには、ピッコリーニの普段の練習場所である国立市にまで、
練習のために足を運んでいただいたりと、本当にお世話になりました。

じっとしていることが大の苦手なピッコの子どもたち、私は練習中も本番中も
はらはらしましたが、本番にめっぽう強い子どもたち(^^;)、ちゃっかり、
しっかり集中して、よい演奏をしてくれました。

ピッコリーニは夏に合宿をして、そこである程度の譜読みをし、その後は
きちんと歌うことや、ステージングなどを練習してきました。
今回演奏したのはラテン語の曲のリフレイン部分のみを2曲、レパートリーと
なっているDona nobis pacemのカノン、英語の歌を2番までフルで、そして
日本語の「われらは来たりぬ」という賛美歌を1曲。
よくがんばったと思います。
英語もラテン語も、丸覚えです。譜読みのときから楽譜は使いません。
子どもの記憶力はうらやましいね。

それにしても、結成1年足らずでプロの演奏会に出演させてもらえるなんて、
なんとありがたいことでしょう!
そしてゆりさんはじめ、Laudesi のみなさまのお優しいこと!
子どもたちの歌をニコニコと聴いてくださり、控え室でもずっと温かく接して
くださるのです。
自分の歌をだれかが喜んでくれる、という経験は、大きな自信につながります。
子どもたちは宝をまたひとつ、手にしたのだと思います。

杉本ゆりさんがブログに、コンサートのことを写真とともにアップして
くださっています。コチラ 

最後に、これは12月初旬のジョングルールのコンサートのとき、司会を
された方が焼いてくださったクッキー。かわいいでしょう?あんまりかわいい
ので、うちでしばらくクリスマスツリーに飾っていました。
味もサイコーでした!
        
今年もとぎれがちな当ブログを読んでくださり、ありがとうございました。
いろんなことがあった2011でしたが、新しい年には新しい風が吹きますね!
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

名倉亜矢子

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(3) | trackbacks(0)

ピッコリーニの動画

昨年末に行われた、子ども合唱団「ピッコリーニ」の動画を
Youtubeにアップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=ZX3n6pbUkHc

ちょっとだけですが、 ラブリ〜 な演奏を見てやってください。

画像が荒いのと、ハープの演奏がダメダメなのは許してください・・・ 


演奏会を経験して、ますますやる気が出てきた子どもたち。
ひとりずつ発声練習も行いますが、意外にも好評のようです。
自分ひとりで歌うことも、仲間の声を聴くことも楽しいようで、
「退屈しないかな?」との私の心配をよそに、とても充実した時間
になっています。

新しい仲間も2人増えました!2人とも男の子です。

それにしても、子どもってすなお・・・・

みんな高い声で歌うことが好きみたいで、パート分けをするときに
高いパートだと「やった!」と言い、低いほうだと「またオレ低いほう〜?」
とブーイングが出ます。どうやら、「高い声はエライ」と思っているふしが
あったので、「みんなそれぞれ得意なところが違うんだよ。先生は、
上手な子に高いパート、下手な子に低いパート、とか思ってないよ。
みんなの声に向いているところを選んで歌ってもらってるんだよ。」
と言ったら、文字通り砂が水を吸うように、すんなりこれを受け入れて
納得してくれたのでした。

大人が相手だと「ほぉ、あなたはそういう考えの持ち主なのですね」とか
「そうは言っても、私の場合は下手だから下なんだと思います」とかいう
反応が多いので(笑)、あまりの素直な反応に、こちらがちょっとびっくり
しちゃいました。

先入観のない子どもに教えるって、こういうことなんだなぁ〜と、
嬉しく、感動したのと同時に、彼らにとって初めて出会う価値観を
教えているのかもしれない、と思うと、責任重大だなぁと思いました。

私が「こうやってみて」ということを、一生懸命にやってみようと、
まっすぐ私を見つめて歌ってくれる目を見ると、思い切って合唱団を
たちあげて、本当によかったなぁと思います。
まだまだ先は長いですが!!!
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(7) | trackbacks(0)

仕事納めは子どもたちと♪

26日はピッコリーニの旗揚げ公演「ちいさなクリスマスコンサート」でした。

かわいいかわいい子どもたち、ちっとも緊張しないで、とても立派に歌いました。
先生は心から誇りに思います

お客様は、びっくりするほどたくさん来てくださり、小さな会場は満員になりました。
客席にもかわいい人たちがたくさんいました!
プログラムが全然足りなくなってしまい、ご迷惑おかけいたしました・・・

関係者各位、来てくださったみなさま、ありがとうございました!!!

歌っている姿も特別公開!
でもまだ小さい人たちなので、お顔は公開しません。ん〜〜
かわいいお顔を見せられなくて残念っ
ぜひいつか、本物を見に来てくださいね。




創立メンバーは、もうひとりいたのですが、残念なことにお引越しして
しまい、旗揚げ公演は4人となりました。

Dona nobis pacemは、練習ではずっと2回繰り返して歌っていた
のですが、当日のリハーサルで、急遽1パターン増やして、3回
繰り返すことにしました。私はそのことを忘れてしまって、本番で
2回で終わらせてしまったんですね。そしたら「あれ、3回って
言わなかったっけ・・・?」と舞台上でちゃんと言ってくれたんです。
「あ、そうだったね!!ごめんね。もう1度演奏させていただきます」と
言って、やり直しさせていただきました。
子どもたちの方が、ずっと落ち着いていて、えらかったね。

下の写真は、ピッコリーニの子どもたち3人がハーディーガーディーを回して
いるところ。近藤さんと私がカンティガを演奏しましたが、子どもたちにも
お手伝いしてもらったのです。あれは大人ならひとりで弾くタイプの
ものですが、今回は回す人、持つ人、支える人、の3人がかりで演奏
してもらいました。すっごくかわいかった〜〜〜!



ピッコリーニのメンバーのお父さん、お母さんが参加しているアカペラの
アンサンブルVeni Veniさんも応援に来てくださいました。本当にすばらしい
ハーモニーで、クリスマス気分も一気に盛り上がりました。あんなふうに
歌えるようになりたいな・・・と、子どもたちもきっと思ったことでしょう!

そして大人でさえなかなか本物を見る機会のない中世の楽器を、
たくさん披露してくださった近藤さん、子どもたちは今回体験した価値の大きさ
を、成長すればするほど感じるようになるのでしょうね。

そして、こういうときにいつも助けてくれるのは、頼れるCORNIXのメンバーの
みなさま・・・・。音楽会にも子どもたちにも慣れている彼女たちの温かい力は
本当にありがたいものです。

お礼を申し上げたい人は、他にもたくさんいらっしゃるのですが、とにかく
みなさまのおかげで、無事出帆となりました。これからも子どもたちの
成長を楽しみに、楽しい経験を重ねていけたらいいなと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

*********団員を募集しています********
月曜日17:00-18:00、月に3回〜4回
月会費は3000円(うち1000円は練習場代)
国立市富士見台で練習しています。
興味のある方は、名倉までご連絡ください。
   ayako.nakura@gmail.com 
*******************************
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

ピッコリーニ最終練習

ピッコリーニの本番もあと1週間を切りました。

応援してくださる方もたくさんいて、スタッフも揃いました。感謝です!

月曜日は本番前最後の練習日で、バグパイプの近藤さんも来てくださいました。
ものすご〜く珍しい楽器なのに、子供って動じないんですね。

「あ、また初めて見る楽器だ」

程度の反応です。
生まれて7〜8年しか経っていないんですもの、出会うものすべてが
初めてなので、「初めての楽器」に驚いたりしないんですね。

それで、バグパイプとの合わせも緊張することなく、無事終了しました。

ゲムスホルンという、本当に動物の角をそのまま笛にしたものも披露して
くださいます。
これには子供たちも興味津々!

子どもたち「わ〜ほんとのツノみたい!」
近藤さん「ほんとの角なんですよ」
子どもたち「え〜〜〜っ ほんもの!?」

という会話もありました。


私の母もはりきって応援してくれて、制服を作ってくれました。
水色のかわいいポンチョ風のもので、練習の最後に着て演奏してみました。
        すっごくかわいい!
袖の扱いとか、いろいろあったので、やっぱり着てみてよかったね

練習はきちんとやりましたが、練習後は男の子も女の子も、なんだか
ころげまわって、激しくじゃれあって?格闘して?いました。
お母さんたちも唖然としてしまい・・・

緊張してないように見えて、やっぱり緊張していたんだね。
ハイになっちゃったのでしょう。

当日までみんな元気でいてくれるかな・・・・
お客さんはいっぱい来るかな・・・・
お客さんを見ても、ちゃんと声が出るかな・・・・

自分の演奏会より、よっぽど緊張しています。

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

国立市の児童合唱団 ピッコリーニ

このたび、国立市で児童合唱団をたちあげることになりました!
来たる26日は旗揚げ公演です。


子供の声って、本当にかわいくて、きれいです。
元気に童謡を歌う感じではなく、きれいに楽しくハモる
児童合唱団を作って、かわいい子供たちといっしょに歌う
のは、私の長年の夢でした。

ちいさなちいさな一歩だけれど、たくさんの出会いとサポートに
励まされて、実現にむけて歩き始めました。

こ〜んなかわいいちらしも「坪井くん」が作ってくれました!
坪井くん、天才っ ありがとうございました!!




以下、ちらし裏面の本文のコピーです:


この夏、すてきな子供たちに出会い、児童合唱団をたちあげることになりました。
1年生と2年生の男の子と女の子5人です。本当に小さなかわいらしい人たちなので、ピッコリーニと名づけましたが、その可能性の大きさには驚くばかりです。週に1度の練習で、子供ならではの美しい声がどんどん表出してくる様子に、毎回びっくりしております。

来年1月からの本格始動に向けて、団員を募集しております。合唱を通して、美しくハモる楽しさ、自分の特性を生かしながら協調性をもって、ひとりではできないことをみんなで達成する楽しさを、子供たちにも体験してほしいと願っています。
この小さなコンサートは、ピッコリーニを少しでも知っていただこうと企画したものですが、同時に、子供たちにプロの音楽家と共演する機会を提供していきたいという私の希望も、国立市在住のバグパイプ奏者、近藤治夫さんのご協力で、早くも実現することになりました。

どうぞ子供たちのかわいらしい声と、バグパイプの音色をお楽しみください。

ピッコリーニ主宰 名倉亜矢子

 


26日(日)13:30開演
南武線「谷保」駅徒歩5分の「まちかどホール」にて
入場無料!
14:30には終わります。笑

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(4) | trackbacks(0)