名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12/22 ユビラーテのクリスマス | main | 12/24 世田谷教会で >>

12/23 涙のピッコちゃん

何日に書いた記事かわかりにくい、とのご指摘を受け、題名に日付を加えることにしました。

22日のコンサートは、二人のピッコちゃんにとって、最後の日となりました。2月から新学期が始まる塾のためです。とっても残念ですが、これはこども合唱団の宿命ですから、しかたありません。

2人の最後のコンサートに、全員で元気に、笑顔で出演できて、本当に良かった!

初めてソロに挑戦した子も、ソロは何度もやったことある子も、ソロはなかった子も、それぞれ少し乗り越えるべきハードルがありましたが、みんな本当によくがんばりました。
朗読は、受胎告知の場面を、パパ:ナレーター、り:天使、み:マリア、という配役でお願いしました。超絶かわいくて、指揮者としてお客様に背を向けているのをいいことに、頰が緩みっぱなしでした。

秋口に録音した「かぐわし森の歌」を作曲してくださった歳森先生も、応援に駆けつけてくださいました。子供たちは歌いながら、客席に先生を見つけたそうです。さすが!終演後はかわいいお菓子までいただきました。

卒業する2人は、最後にサヨナラと挨拶したら、涙がこぼれていました。ピッコを楽しんでくれていたんだね。

楽しませてもらったのは、私の方です。個性豊かで、楽しいことが大好きで、本番はいつも100%がんばる2人と、そしてみんなと一緒に歌えて、本当に楽しかった♪
ありがとうね〜

祭壇の前で


メンバーの弟(3歳)も一緒に
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/247
この記事に対するトラックバック