名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ウリッセ | main | ボストンの友人 >>

誕生日

というわけで、火曜日は誕生日でした!

特になにもなく、普段と同じ火曜日を過ごしながら、それを寂しいとも全く感じず、誕生日をお祝いするってどういうことなんだろう、と考えました。

子供が生まれた時、お七夜をお祝いし、1ヶ月後にはお宮参りをしました。昔はそれだけ、生後7日を生き抜き、さらに一月を無事に過ごすことが大変だったんだな〜と思ったものです。

だから子供の誕生日は、

よくここまで大きくなれたね、よかったね
という気持ちと、

生まれてくれてありがとう

という気持ちでお祝いしています。

子供の誕生日はいつもとても楽しみなので、たぶん今後、彼女が進学や就職で家を出ても、誕生日は夫婦二人でお祝いするんじゃないかな、と思います。

じゃあ自分の誕生日は?

やっぱり、ここまで生きてこられたのは、たくさんの人のおかげなのだから、それに感謝する日なんでしょうね。まずは、この日に私を生んでくれた両親に、でしょうか。


普段と同じ火曜日が、いつもと同じように楽しかったことに、心から感謝。
そして帰宅したら、家族がさりげなくお祝いしてくれて、Facebook にはたくさんの友人がメッセージを送ってくれて、本当に感謝!


最後に、こちらは冷え性の私のために、妹が送ってくれたプレゼント(≧∀≦)
すごくいいです!これで寒い夜もゆっくり眠れそうです♪

日記 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

お誕生日おめでとうございます
知らないうちにガキの頃の担任より歳上になっている自分が信じられない
柊 | 2018/11/28 10:42 PM
柊さま、
ありがとうございます&#128522; ほんとですね、私は担任どころか、校長先生の気持ちがわかる年頃になりました(≧∀≦) バカボンのパパも抜かしてしまったし、最近、波平さんが52〜3歳だと知って、ショックを受けたところです。まぁでも歳は気にせず、やりたいこと、やれることを毎日やっていけたらいいなと思います!
nakura | 2018/12/16 9:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/230
この記事に対するトラックバック