名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< カンティガ353 | main | ジョングルールと行く中世ヨーロッパ音楽史の旅 >>

チェンバロの爪

自宅に生徒さんが来られるときは、自宅の小さなレッスン室に
置いてある小さなバージナルでレッスンします。


バージナルというと、ものすご〜く音の小さな可憐な楽器、と
思っていましたが、今お借りしているのはイタリアンタイプ、
とても古いレバノン杉を使っているそうで、歌のレッスンにも
十分な音量があります。我が家では通称「チェンバロ」です。

ピッチの可変装置もあるので、a=415 も a=440 も、ぱっと
変えられます。ぱっと変えられるように、調律はチューナーを
使って、なんちゃって平均律にしています(^^;)



チェンバロは調律以外にも、いろいろお手入れが必要です。

お手入れの方法も、まったくの自己流で、いまだ手さぐり
状態ですが、チェンバロってお手入れしないと音が鳴らなく
なるのですね。笑 なんとかしなくちゃ、とあれこれ試してきました。


今日は弱々しくなってしまった音の、爪を交換しました!

チェンバロの爪は鳥の羽で出来ている・・・と聞いていましたが、
本当に鳥の羽なんですね。
↑以前はちょっと疑っていました。



写真の下部、↓で指しているのが、白鳥の羽の軸の
先っちょの方。羽を切り落としたあとがあります。

板の上に乗っている、青い○が今までの爪。
羽の軸を短く切って、カッターで薄く削って、
黄色い○の新しい爪を作りました。





それをこのようにチェンバロの部品に差し込んで、
試し弾きしながら、長さや薄さを調整します。





こんな原始的なやり方でいいのかしら・・・ 



ひとまずこの作業は楽しいので、いいかなぁ〜・・・きゃ



でもこのチェンバロさんのおかげで、私はレッスンがより
楽しくなりました。

日記 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

すご〜いx10
自分でやるなんて、よく思いつきましたねぇ。
すばらしい!!
maririn | 2015/05/14 7:28 AM
maririn さん、いや〜 この楽器をお借りした時に、製作者の方から、調律用具一式と一緒に、この板とカッターと白鳥の羽を渡されたのですσ^_^; 自分でやってねってことかなぁと、恐る恐るやっていますが、けっこう好きな作業です。(^^)
nakura | 2015/05/15 11:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/194
この記事に対するトラックバック