名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< モツレクにて | main | 新年のごあいさつ >>

Laudesi Tokyo

ラウデージ東京のクリスマスコンサート
に、今年もピッコリーニが出演させていただきました!

例年より早く流行したインフルエンザは、子供たちを容赦なくおそい、12人のメンバーのうち一人は出演できず、3人が体調不良で、そのうち一人はソロを他の子に代わってもらいました。

リハーサル中にずっと咳をしていた子も、本番ではピタリと抑えてきちんと歌うのですから、そのプロ意識というか、責任感には本当に驚かされます。体調の良い子は、不調の子の分もカバーするんだと、自分の役目をきちんと理解してくれていたようです。

どうしてこんなに素晴らしい子たちなのでしょう?!いずれにしても感謝です。きっと親御さんのご指導がいいのでしょうね。その証拠に、当日のパパママたちのサポートの素晴らしかったこと!

そして、杉本ゆりさんはその大きな心で、ラウデージもピッコリーニも自由に歌わせてくださいました。だからみんな心のままに、楽しく歌えるのですね。

ラウデージの皆様とは、毎年一年振りにお会いする子供たちです。大きくなったね、歌が上手になったねと声をかけてくださいます。子供たちにとって何よりの励ましだったことでしょう。

演奏会で燃え尽きたかと思いきや、演出で使い、そのままお土産にしてくださったかわいい絵のついたロウソクを選ぶ順番を決めるため、本気のジャンケン大会!見事一番だったのは、最年少の女の子でした。(^^)

教会での演奏会、スタッフのお仕事、中世から伝わるメロディ、ラテン語の言葉、古楽器… 純粋で柔らかい子供たちの心は、何をどんな風に感じたでしょうか。ずっと先までわからないことですが、良いものであって欲しいと願います。

皆様ありがとうございました。

演奏会のお知らせ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/180
この記事に対するトラックバック