名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ジョングルールの都電ライブ | main | ジョングルール@都電荒川線 >>

アルバ演奏会

今日は千葉で活動している女声合唱団「アンサンブルアルバ」の
演奏会でした。
これまで一緒に歌った仲間は15人ほどになりますが、いろいろな
事情でお辞めになった方もあり、今回本番にのったのは9人。
でもこれまでの仲間が、みなさん応援にかけつけてくださり、
受付周り等本当に力になってくれました。やめた団員皆さまと
こんなに良い関係を保っていられる団体も、珍しいのでは
ないでしょうか。アルバのみなさまの人徳ですね。

アルバはこれまで、今回の本番にのせる曲をほぼ全曲、
花の美術館や名倉の門下生のおさらい会など、どこかで歌う
機会を得てきました。そのおかげか、まったく危なげない
演奏で、メンバーもみなさん「楽しい本番だった」と
おっしゃっていました。

でも最後までてこずったのは、信長貴富さん編曲の「ペチカ」。
指揮者をたてないアルバにとって、途中でテンポが変わったり、
最後にだんだん遅くしていくタイミングをはかるのは、
たいへんなことなのです。当日のゲネプロでも繰り返し
練習しましたが、その甲斐あって本番では本当に美しい
演奏を聞かせてくれました。

今回はゲストに金子浩さんをお招きし、アルバは金子さんの
リュートでリュートソングを歌いました。おかげでみなさん、
本番が一番うまく歌えた!と嬉しそうでした。そのほかに、
ピーター・ポール&マリーの「パフ」を歌い、金子さんは
19世紀ギターで伴奏をつけてくださいました。
「パフ」のあとでお客様のお顔が柔らかくなっていたような
気がしました。「パフ」はいい曲ですね。今も子どもたちに
愛されています。

ステマネと録音は、合唱団イクトゥスの方が担当してください
ました。アルバとは姉妹団体となるコルニクスも、お手伝い
くださり、その他多くの方々に支えていただきました。
心から感謝申し上げます。

指導情報 | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

先生、皆様
おつかれさまでした

すばらしい一日になったようで
なによりですね
(^^)
ますみん | 2013/06/03 11:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/152
この記事に対するトラックバック