名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 風邪の本2冊 | main | CDに収録した曲に寄せて vol.3 「谷間にて」 >>

ピッコリーニ新メンバー

ピッコリーニに女の子の新メンバーが仲間入りしました。

その子が見学に来た日、男の子たちはいつもに増しての大騒ぎ。(^^;)
彼女にちょっかい出すとか、そういう行為はまったくないのですが、
男の子も女の子も、ソワソワ、がやがやして、歌っても大声で叫んでしまったり。

彼女は圧倒されてしまったのか、見学の日は椅子にすわったまま、
輪に入っていっしょに歌うことができませんでした。
これは、本人はあまり歌いたくないのかな、入団は見送っちゃう
かな・・・と思っておりましたら、なんと、「実は楽しかったらしいのです」
と、お母様からうれしいご連絡をいただきました。笑
子どもって本当におもしろい・・・・!

家に帰ってから、レッスンで聞いた歌を歌ってくれていたそうです。
翌週、初めてのレッスンの日に、みんなが来る前に短い個人レッスンを
しましたが、とってもきれいな声を聞かせてくれました。

自信をとりもどしてくれたようで、みんなが来てからもはつらつとして、
まるでずっと前からいっしょに歌っていたかのように、仲間に入って
くれました。
他の子たちも、しかり。新しかろうが、前からいようが、まったく意に
介さないといった風情で、ひとつの輪になっていました。

今年1月に入った、みんなより2〜3学年下の男の子も、その成長は
段階的で、ときどき急にぽん!と上達しています。
そして意外にも、団一番のやんちゃな男の子が、その子を気遣い、
やさしい言葉をかけたりしているのです。

子どもの世界は、私にとって新鮮な驚きに満ちています。
目の前で子どもたちが、歌だけでなく、身体能力、心、頭脳を日々
成長させていくのを見られるのは、指導者としてとても幸せなことです。

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/123
この記事に対するトラックバック