名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ピッコリーニ新メンバー | main | 時をかけるジョングルール >>

CDに収録した曲に寄せて vol.3 「谷間にて」

以前、アイルランドに住んでいらした知り合いが教えてくれました:
「アイルランドの人々の生活には、普段から歴史が息づいていて、150年前の
大飢饉も100年前のイースター蜂起も、日常の話の中に出てきました。」

「谷間にて」は、1916年の「イースター蜂起」についての歌です。
結局は失敗に終わるものの、その後アイルランド共和国成立へ向けて人々の
士気を高めた、アイルランド人にとって重要な蜂起だったそうです。

歌は、「私」がある老女に出会ったところから始まります。
彼女は小さいころに経験した、蜂起について語るのです。
谷間に響いた足音、呼応して高鳴る胸。
5番まである歌詞の最後は、毎回
「栄光あれ、おお栄光あれ、勇敢なる愛国戦士に」と結ばれます。

こんな歌が今でも歌われているから、歴史が身近なのでしょうか。
それとも歴史が身近だから、こういう歌を歌うのでしょうか。

結局は失敗した蜂起にちなんだ歌が、こんなに長く歌い継がれるのは、
その悔しさを忘れないためでしょうか。
そうではなく、蜂起したことそのものが誇りであり、自由への第一歩
だったからなのだと思います。
犠牲者も多かったでしょうし、闘いは苦しい日々であったと思いますが、
それでも、強い意思と誇りにあふれた歌なのだと私は理解しています。
「勇敢なる愛国戦士」と歌われるとき、きっとアイルランドの人たちは
胸が高鳴るのでしょう。

それに、いい曲なんです!
ぜひ聞いてくださいね。

イースター蜂起:4月24日のイースター(復活祭)の月曜日に、当時イギリスの
植民地支配下にあったアイルランドのダブリンで決行されたアイルランド民族主義者
による武装蜂起。(ウィキペディアより)

CDやすらぎの歌 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakura.jugem.jp/trackback/121
この記事に対するトラックバック