名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アマデウスがやってきた

こども合唱団ピッコリーニが、多摩ファミリーシンガーズとご一緒させていただき、ミュージカル
「アマデウスがやってきた」
に出演します。

今日はその初めての合わせでした。
私もドキドキ???

でもこどもたちは、普段通り、
ちっとも気負わずやってました。
大物だ…

嬉しいことに、ピッコリーニを卒業して、
今は都立の芸高に通う女の子が
助っ人として参加してくれます。

指揮は、このミュージカルを作詞作曲された中島良史先生。
ダジャレを連発しても、子供たちにスルーされつつσ(^_^;)、そのご指導は子供たちと音楽への愛情にあふれています。なんてラッキーな子供たち。

これからの稽古と本番が、楽しい時間となりますように!
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

クリスマスコンサート

24日の夜は、世田谷教会で


いつもの通路もともしびで飾られ

日が落ちると、こんな表情に


通り過ぎるとほんのりアロマの香りが♪

ルルドにろうそくを捧げてから、ミサが始まります。


ユビラーテとピッコリーニは
二階席で奉唱しました。
歌ったのはテゼのGloriaと
ビクトリアのO magnum mysterium.
子どもたちも、神父様に祝福をいただき、ミサが終わったら、少しだけ出店を楽しみ、すぐにコンサートに突入。

とっても良い演奏会で、私も楽しかったです。

ユビラーテからお菓子をもらったピッコちゃんズ。

 

私の横にいるお兄ちゃんは、中学生になったピッコリーニ卒業生です。

クリスマスだけの限定参加でしたが、難しいラテン語や英語の歌に(しかもアルトで!)しっかりついてきてくれました。大きな戦力でした!そして「ピッコを卒業したらユビラーテに」という前例を作ってくれて、感謝です(^^)
 

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

新メンバー

こども合唱団ピッコリーニに、
久しぶりに男の子の入団が決まりました(^^)
しばらく男の子が一人でしたので
嬉しい限りです。
みんなと楽しく歌っていけますように!

これでピッコリーニは
1、2、3、4、5年生が揃います。

下の写真は、先日とある練習でいただいた金柑。
味も見た目も大好きです!


寒い日が続きますが、ビタミン補給しつつ、元気に過ごしましょう〜
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

バイリンガルレッスン


ピッコリーニにアメリカ人の仲間が加わることになりました。
それにともない、当分はレッスンは英語と日本語のバイリンガルで進めることになります。
歌だけでなく、英語も学べるチャンスです!
あなたも一緒に歌いませんか?
As we welcome our new member from the U.S.A., the lessons are now led bilingually. Please come and join us!
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

ピッコリーニのコンサート

明日は、子ども合唱団ピッコリーニの発表会です。

午後2時から、国立市は谷保駅から徒歩10分の櫻文堂にて、入場無料です*\(^o^)/*

モンセラートの赤い本、中世フランスのモテット、60年代アメリカのポップス、ジョン・ラッターの宗教曲と、幅広いジャンルを網羅します。

ジョイントしてくださるのは、音楽工房ZOOのみなさま。子どもたちも楽しめる音楽劇を上演してくださいます。
タイトルは「シマシマな島のシマシマな動物たち」。どんな劇なんでしょう〜楽しみです!

ネパール地震のチャリティコンサートでもあります。応援よろしくお願いします!

お茶菓子も出ます(^_−)−☆

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

ピッコちゃんの卒業

国立市で活動する子供合唱団ピッコリーニも、創立から早4年半が経ちました。
大人より環境の変化が激しい子供たちは、何かを続けることは、大人より難しいのかもしれません。熱心だった子供たちも、いろんな事情で辞めていきました。

ピッコリーニで触れ合える短い時間に、「自分は歌が得意だ」と思ってもらえるように、私は努力していかなければ、と思います。そう思ってもらえたなら、私は胸をはって「ピッコの卒業おめでとう」と言いたいと思います。

今日も一人卒業していきました。
彼女の前途が祝福されえるように、心から願います。

ただピッコリーニは、嬉しいことに、一度卒業して復帰してくれた子もいるのです。それも、二人も!!
子供合唱団ですから、いつかみんな辞めていきますが、卒業した子たちが大人になって、どこかでうたう場所を見つけてくれたら、こんなにうれしいことはないでしょう。


 
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

一本のえんぴつ

昨日はパルテノン多摩で、合唱団「うたの森」のコンサートでした。
オーケストラとの共演で、ブラームスのドイツレクイエムを演奏しました。
指揮は中島良史先生!
去年の秋に、カルミナ・ブラーナを指揮された先生です。
今回もパワー全開で、圧倒されました。

それがご縁で、今回私も「うたの森」のお手伝い要員として
ドイツレクイエムをご一緒させていただきました。
お手伝い・・・になったのかどうか汗 わかりませんが、
大変だけど、本当に美しい曲ですね!という気持ちは
共有させていただきました。楽しかったです!^^

普段はバロック以前のものに携わることが多いので、こんな大編成の
モダンのオーケストラとご一緒させていただくことは、なかなかないのです。
古楽器とはまた違う趣の音色がキラキラきしていて、本当に美しかったです。

そして!うたの森は毎回、前半にこのような大曲を演奏して、
後半にポップスを演奏するのが恒例なのだそうです。
今回も、嵐、ユーミン、聖子ちゃん・・・
名だたる名曲を中島先生がオーケストラと合唱のために編曲され、
リラックスした楽しいコーナーとなっていました。

その中の1曲「一本のえんぴつ」に、ピッコリーニも参加させて
いただきましたイエーイ イエイ!なんと幸せな子供たち・・・ 
もちろん、オーケストラとうたの森と共演です。
参加できたのは6人だけでしたが、6人だけでも入ると、
ちょっと合唱の音色が変わるそうです。なにより、語り継ぎたい
歌を子供たちと一緒に歌う、ということが意味深いですよね。 

リハーサルの時間があまりなかったので、リハーサルと本番では
立ち位置が違っていた子供たち。でも落ち着いてきちんと対処
できていました。すごいなぁ。

うたの森のみなさま、そして中島先生、本当にありがとうございました。
 



 
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

子供たちのつぶやき

小学一年生〜6年生が在籍する、子供合唱団ピッコリーニ。
いろいろおもしろい会話がとびかいます。
ちょっとずつご紹介しますね。

本番前の控室にて
「先生、なんかいい匂いがする〜」
え? なんだろう、シャンプーかな?
「あ、えびせんかぁ〜」
はい、私はえびせんを食べていました。(^^;)

腹式呼吸の練習をするとき。
練習場に寝転がってもらい、こう言いました。
「右手を、おへその下に置いてみて」
みんな寝転がったまま、おへその下に手を置いて
いますが、ひとり、背中と床の間に手を入れて
います。
・・・たしかに、おへそより地球に近い場所は
そこですね。(^^;) おへそより足に近いところ、
と言うべきだったのかな?

 
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

ハモれるようになるまで

1.みんなと同じ音を出せる
2.みんなと同じメロディを歌える
3.一人でもメロディが歌える
4.メロディと違う音で歌える
5.メロディと美しくハモれる
6.自分で対旋律を作って適当にハモれる

ピッコリーニの低学年の子たちは、2〜4くらい。5目指してがんばっています!高学年には6の子もいます。

ラテン語の歌を丸覚えする速さは、大人はとても追いつきません。
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

ラウデージとピッコリーニ

今年もピッコリーニは、ラウデージ東京のクリスマスコンサートに出演させていただきます。
なかなかお目にかかることのない、珍しい中世の楽器と一緒に、杉本ゆりさんの奥深い知識と情熱に裏付けされた素晴らしいプログラムの一端を担うとは、なんと幸せなことでしょう!

先日第一回目の合わせがありました。

その前に、カルミナのあと打ち上げがなかったとブーイングが出たので、みんなでピザ屋さんでランチ。いつの間にこんなに打ち上げ好きな子たちになったのでしょう… 「みんなでご飯を食べる」のが大好きなピッコリーニです。

杉本ゆりさんは知識がとても深いので、ゆりさんにとっての「普通」は、私にとってはとても難し話なのです。リハーサルでもいつも難しい言葉が飛び交います。子供に対しては相当加減して下さったのですが、やはり「ここはフラ・アンジェリコの受胎告知の絵を想像して歌ってくださいね」と、にこやかにおっしゃっていました。(^^) … レッスンで絵を見せなくては…!

でもそうやって、高い要求をしていただけることは、子供だって嬉しいに違いありません。一生懸命歌っていました。

本番まであと1ヶ月。仕上げの練習と、体調管理ですね。

http://tfp-france.org/3707/lannonciation-de-fra-angelico

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)