名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

3/30 おおかみ娘

スペインの中世のキャロルに
Riu riu chiu という名曲があります。

ピッコリーニがラウデージと共演した時、この曲の日本語の歌詞を作りました。

おおかみ 娘を狙うとも
神は娘を守られた
キリスト 人の子となりて
永遠の命を与えた


てっきり子どもたちは理解しているものと思っていたのですが、ある時
「おおかみ娘が〜」
と言うので、びっくりしてしまいました。
聞くと、ほとんどの子が
「狼が娘を狙っても」ではなく
「狼娘を(誰かが)狙っても」だと理解していたのです。

もののけ姫のサンみたいな?
狼娘?
その子は神に守られた… σ(^_^;)

全然違う意味に、どこまでも広がってしまう…

子供って、茫漠と生きているわけではなく、目まぐるしくいろんなことを考えているんですね〜。
ただ、大人とはちょっと感覚がずれているんですね!


なーんて感心してないで、
ちゃんと歌詞の意味を指導しなくてはいけませんね。

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

3/13 クッキー

先月のバレンタインに、ピッコちゃんがチョコをくれたので、お礼にクッキーを焼きました。



不恰好ですがσ(^_^;)
全粒粉入りで、甘みはメープルシロップ、油は太白胡麻油、卵も牛乳も入らない、お母さん目線のビスケットです。

昨日のレッスンでみんなにあげたら、入団したばかりの小さなピッコちゃんがとっても喜んで、練習中も何度もクッキーを見るために振り返ってしまいます(^^)

そんな妹を、優しい目で見るお姉さんピッコちゃんたちも、微笑ましく思いました。

練習が終わって片付けていたら、机の上にクッキーが一袋。
どうやら、あの小さなピッコちゃんが忘れて帰ってしまったようです。

お姉さんピッコちゃんたちと
「あんなに楽しみにしていたのにね」と笑い合いました。

そんなお姉さんピッコちゃんたちも、数年前まであの子と同じくらい小さかったんですよね。いつのまにか後輩に見上げられる存在になり、歌もしっかり歌って、私の全幅の信頼を得ています♪

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

2/27 オープンピッコ終了

昨日、オープンピッコが無事に開催できました。
開催にあたり、現役ピッコの保護者の方々や、OBOGのパパママ、お引越しして遠くに住んでいる卒業生のママや、私の音楽仲間など、たくさんの方々が宣伝にご協力くださいました。
本当にありがとうございました?

そして3月から一人仲間が増えることになりました(≧∀≦)
ピカピカの年長さん、みんなのかわいい妹になりそうです。

実はこのお嬢さんは、ピッコリーニの初めての発表会で、賛助出演してくださったご夫婦のお子さんなのです。あの後お二人に赤ちゃんが生まれ、その子がこうしてピッコリーニに入ってくれるなんて、なんというご縁でしょう…

また新しいメンバーで、ステキな曲をたくさん歌って、音楽の楽しさ、自分の個性で全体に貢献する楽しさを、一緒に経験していきたいです!

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

2/20 ロリポップ

ピッコリーニは、5月の発表会に向けて練習しています。そのうちの一つ「ロリポップ」は、歴代のピッコちゃんたちに人気の曲でしたが、冒頭がアカペラなので、アカペラの練習のためにも今回再び取り組んでいます。

もともと1950年代にザ・コーデッツが歌ってヒットした曲で、「彼はアップルパイよりスイートなの」というような内容ですが、お菓子を食べたい子どもの歌詞に変えて歌っています。

ロリポップ ロリポップ
今日のおやつは何かな
焼きたてのアップルパイ
だけどかばんの中には
宿題いっぱい

…一応、韻を踏んでいます(^^)v

2番は:

口に入れたらホラ、ロリポップ
たちまちごきげん
いろんな味があるロリポップ
お気に入りはね


レッスン中に、子どもたちのお気に入りのフレーバーを聞いてみました。
それを取り入れてできた、続きの歌詞は:


イチゴ味の次は
グレープフルーツ
レモン、ドリアン、マンゴー
しゅわしゅわサイダー


ドリアン味のロリポップって、どんなかしら…(^-^;
とても楽しい歌になりました♪
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

2/6 オープンピッコ

国立市のこども合唱団「ピッコリーニ」が、

オープンキャンパスならぬ「オープンピッコ」を開催します。

無料体験会です(^^)

ちらしは こちら

日時:2 月26 日(火)17:10〜18:10
場所:クリオレミントンビレッジ レッスンルーム
対象:年長〜小学生の男女。保護者も見学できます。
費用:無料
お問い合わせ info@piccolini-choir.com

楽しいので、ぜひ来てくださいね!

かわいいホームページも、のぞいてみてください。

写真もたくさんあります♪

http://piccolini-choir.com/

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

1/15

年明けて初めてのピッコリーニでした。

CDを配りました。
みんな「わぁ〜」と喜んでいました。

去年12月のミュージカル「アマデウスがやってきた」は、譜読みも多くてたいへんだったので、今日はゆっくり3度でハモる練習から始めました。

「アマデウス」や、ユビラーテとの共演などで揉まれるうち、またグンと上達していました。子供の成長ってすごいね。

ひとりひとりに、今後の課題をあげました。どうやら自分でも納得でき、かつ目指せそうな目標だったらしく、生き生きと歌い出しました。

新曲は「怪獣のバラード」。
ピアノの伴奏を弾いたら、がぜんやる気を出して歌ってくれました。好きになってくれるかな?

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

1/12 CD

じゃ〜ん!
こども合唱団ピッコリーニの歌が
かわいいCDになりました(≧∀≦)



売り物みたいですね!!

絵本「イーストンと音楽会」の巻末に、「かぐわし森の歌」が掲載されています。作詞は作者の巣山ひろみ先生、作曲は歳森今日子先生。それをピッコリーニが昨年9月に録音したのです。歳森先生がピアノを弾いてくださり、エンジニアさんも来てくださり、子供たちは「本物」の録音を経験させていただいたのでした。

「出版ワークス」の方のご厚意で、このようなかわいいCDを作ってくださいました!

かわいい歌なんですよ〜

CDのとなりにあるのは、「練馬パンカーニバル」のスタンプラリーの景品で、中にはティーバッグが入っています。パッケージにはQRコードがついていて、そこからピッコリーニの歌う「かぐわし森の歌」にアクセスできるようになっていました。
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

12/23 涙のピッコちゃん

何日に書いた記事かわかりにくい、とのご指摘を受け、題名に日付を加えることにしました。

22日のコンサートは、二人のピッコちゃんにとって、最後の日となりました。2月から新学期が始まる塾のためです。とっても残念ですが、これはこども合唱団の宿命ですから、しかたありません。

2人の最後のコンサートに、全員で元気に、笑顔で出演できて、本当に良かった!

初めてソロに挑戦した子も、ソロは何度もやったことある子も、ソロはなかった子も、それぞれ少し乗り越えるべきハードルがありましたが、みんな本当によくがんばりました。
朗読は、受胎告知の場面を、パパ:ナレーター、り:天使、み:マリア、という配役でお願いしました。超絶かわいくて、指揮者としてお客様に背を向けているのをいいことに、頰が緩みっぱなしでした。

秋口に録音した「かぐわし森の歌」を作曲してくださった歳森先生も、応援に駆けつけてくださいました。子供たちは歌いながら、客席に先生を見つけたそうです。さすが!終演後はかわいいお菓子までいただきました。

卒業する2人は、最後にサヨナラと挨拶したら、涙がこぼれていました。ピッコを楽しんでくれていたんだね。

楽しませてもらったのは、私の方です。個性豊かで、楽しいことが大好きで、本番はいつも100%がんばる2人と、そしてみんなと一緒に歌えて、本当に楽しかった♪
ありがとうね〜

祭壇の前で


メンバーの弟(3歳)も一緒に
子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

アマデウス終了〜

日曜日はミュージカル「アマデウスがやってきた」の本番でした。
お客様にも喜んでいただけたようです。

出演したピッコリーニの子供たちは、今回のプロジェクトを通して、計り知れないものを学んだと思います。
夏の合宿から少しずつ譜読みをして、11月に入って振り付けを覚え、前日と当日で場当たりとオケ合わせをしました。

共演した多摩ファミリーシンガーズの子供たちは、プロ意識が高く、やるべきことをしっかりやってくれる、頼もしい歌手たちでした。ピッコリーニの子たちも彼らからも多くを学んだようで、リハーサルごとにに意識が変わっていくのが見えました。

一つのプロジェクトのために、演出、振り付け、照明、音響など、どれだけのスタッフがいらっしゃるのかを肌で感じ、素晴らしい歌と演技を披露しているキャストの皆さまが、出番直前までさらっているのを見て、きっと大人たちの本気とプロの仕事を感じてくれたと思います。

そして楽曲の素晴らしいこと!モーツァルトはもちろん素晴らしいのですが、それを絶妙なさじ加減で編曲・構成された中島先生の手腕には、驚くばかりでした。

楽屋も一緒だった多摩ファミリーシンガーズのお友だちともすっかり仲良くなり、本当に素晴らしい経験をさせていただきました。

子供たちをリハーサルのたびに会場まで送り迎えしてくださった、ピッコリーニの保護者の皆様も、本番は「感動した」とおっしゃっていました。
子供たちはがんばりましたが、その環境を整えてくださったのはご家族です。おかげで精一杯がんばれた子供たちは、本当に幸せ者ですね。

私も心地よい疲労感と共に、余韻を楽しみました。


ピッコリーニの子供たちは、今月22日に、ユビラーテのコンサートに賛助出演します。急に寒くなりましたが、みんな元気に本番を迎えられますように!

子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)

アマデウスがやってきた

こども合唱団ピッコリーニは、中島先生作のミュージカル「アマデウスがやってきた」に出演します。今日は場当たり稽古でした。
そして明日は本番。
いつもピアノで聴いていた前奏がオケになっただけで、戸惑ってオチル子供たち、わかりやすい〜(^◇^;)
でもきっと明日は元気に歌ってくれるはず。

これまでの短い稽古の間に、子供たちは一回り成長したように感じました。中島先生のご指導と、共演する児童合唱団の子供たちや先生、キャストの皆様からいただく刺激のおかげですね。明日の本番が楽しみです。

モーツァルトが長生きしていたら、こうやって親父ギャグを連発していたんじゃないかな〜と思えるような、楽しいミュージカルです(^^)



子ども合唱団ピッコリーニ | comments(0) | trackbacks(0)