名倉 亜矢子のブログ

・・・歌って教える毎日のこと
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

名倉亜矢子のプロフィール♪

JUGEMテーマ:クラシック音楽

なくらあやこ

名倉 亜矢子 ayako nakura

 千葉市出身。

ニューイングランド音楽院(米・ボストン)声楽科を演奏優等賞を得て卒業。

国立音大音楽研究所研修課程を修了、バロック音楽の研鑽をつむ。

北とぴあ国際音楽祭や目白バロックにおいて、バロックオペラ始め

多くのプロジェクトに参加するほか、様々な団体でバッハ、ヘンデル、

ハイドン、モーツァルトなどの作品のソリストをつとめる

 またアカペラや古楽器とのアンサンブルに力を入れ、中世・ルネサンスの

演奏にも多く携わっている。これまでに「バッハ・コレギウム・ジャパン」

「カペラ」「コンヴェルスム・ムジクム」「モーツアルト・アカデミー・トウキョウ」

「東京ヴォイシズ」「コントラポント」「ジョングルール・ボン・ミュジシャン」等の

古楽団体の演奏会や録音に参加。一方で野村誠、ヒュー・ナンギベル両氏による

参加型オペラプロジェクト「ホエールトーン・オペラ」に参加したり、

竹浪明監督の映画「月のイルカ」の歌唱を担当するなど、活動の場を広げている。

合唱の指導者としては、女声古楽アンサンブル「コルニクス」「アルバ」

こども合唱団「ピッコリーニ」を主宰している。

2007年のコルニクスの演奏会は、雑誌「音楽の友」にて

「コンサート・ベストテン2007」に選ばれた。

また、人気女性アカペラグループ「AURA-アウラ」の歌唱指導も担当するほか、

青山学院大学の聖歌隊のヴォイストレーナー、

教会音楽を演奏する混声合唱団「アンサンブル・ユビラーテ」の指揮者を務める。

近年はゴシックハープの弾き語りも始めている。

2000年古楽コンクール第3位。

声楽をR. ミュラー、M. リンドハイマ、A. アゼマ、C. ヘイバー、鈴木美登里、

室内楽をJ. ギボンズ、古楽唱法を有村祐輔、ゴシックハープを西山まりえ、

ハンドドラムを立岩潤三の各氏に師事。

リュートの金子浩氏とのデュオによるアルバム「やすらぎの歌」を

2008年秋にリリース、雑誌「レコード芸術」にて

谷戸基岩氏の「プライヴェートベスト5」に選出されたほか、

雑誌「たまごクラブ」にて胎教に良いCDとして紹介された。

2016年には浜松楽器博物館のシリーズの一環として

リードオルガンと奏でる童謡・唱歌を収めたCD「この道」をリリース。好評発売中。
 
 

花


                                        

名倉亜矢子のProfile | comments(7) | trackbacks(0)